水仙が咲きました

 

 

 

 

 

 

 

 《水仙》 花言葉の「うぬぼれ」「自己愛」は、水鏡に映った自分の姿に恋をしてスイセンになってしまった美少年ナルキッソスの伝説に由来します。 参照、花言葉−由来

ろうばいの花が咲きました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

《蝋梅(ろうばい)》 和名の「蝋梅(ロウバイ)」は、花びらが蝋(ろう)のような色で、また、臘月(ろうげつ、旧暦12月)に花を咲かせることに由来するといわれます。 《花言葉は「ゆかしさ」「慈しみ」》 花言葉の「ゆかしさ」「慈しみ」は、まだ花の少ない冬期に、そっと黄色い花を咲かせるロウバイのひかえめで奥ゆかしい姿にちなむともいわれます。 参照 花言葉−由来

 

 

 

 

山茶花の花が咲きました


サザンカ全般の花言葉は、

「困難に打ち克つ」「ひたむきさ」 

同じツバキ属のサザンカとツバキはよく似ています。花が丸ごと落ちるのがツバキ、花びらが個々に散るのがサザンカです。また、ツバキの花は完全には平開しませんが(カップ状)、サザンカはほぼ完全に平開します。花期は、サザンカが晩秋~初冬にかけて咲き、ツバキは晩冬~春にかけて咲きます。
e恋愛花言葉

紫苑の花が咲きました

《紫苑(シオン)》 「追憶」「君を忘れない」「遠方にある人を思う」 花言葉の「追憶」「君を忘れない」は、『今昔物語集』にある母の死をいたむ兄弟の物語(下記参照)に由来するといわれます。 参考、花言葉−由来

彼岸花がたくさん咲いています


《彼岸花》

彼岸花は、その印象的な赤い花色から「情熱」「思うのはあなた一人」といった花言葉が生まれたといわれています。
しかし、彼岸花の花は死や不吉なイメージの方が強いですよね。それは、「彼岸花を家に持ち帰ると火事になる」「彼岸花を摘むと死人がでる」「彼岸花を摘むと手が腐る」といったいくつかの恐ろしい迷信があるためです。
参考 HORTY